読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mjuka

てきとうに。

「ガンバレ」は禁句?

 今期の地方振興アニメ『ローリング☆ガールズ』のオープニングテーマは、いまから20年まえ、激動の時代であった1995年に解散したTHE BLUE HEARTSの「人にやさしく」を、主演女性声優らがTHE ROLLING GIRLSとして歌っている。この作品では劇中歌やエンディングテーマでも同様にTHE BLUE HEARTSの曲(「月の爆撃機」「能天気」「1000のバイオリン」「英雄にあこがれて」)をカバーしている。

 「人にやさしく」は力強い応援ソングだ。

僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中から
ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!

  原曲では力強い甲本ヒロトとコーラスの声で「ガンバレ!」と叫ばれるが、今回のカバーではかわいらしい声で「ガンバレ!」と励まされる。どちらが良いかどうかはリスナーの好みによるが、印象がまったくことなることは一聴すれば明白だろう。THE BLUE HEARTSの歌が応援団による声援だとすれば、THE ROLLING GIRLSはもっと私的な、運動会の応援でたとえるなら、リレーでじぶんが走っているときにかけてもらえるような声援、そんなイメージだ。

 ところで、いまでは「ガンバレ」という言葉は禁句に近いような雰囲気がある。すでにがんばっているのに「ガンバレ」だなんて言われたくないし、がんばることに疲れてしまったひとも大勢いる。

 そんな状況のなかでカバーされた「人にやさしく」。けっきょくのところ、ぼくらはたくさんの言葉を持っているようで、そんなことはないのかもしれない。語彙力の低下であるとか、そういう問題ではなく、情緒的な問題として。がんばってほしいひとに「ガンバレ」と声をかけたくなってしまう。だから、甲本ヒロトはその安直さをあらためるために、最後にこう歌うのだろう。

やさしさだけじゃ 人は愛せないから
ああ なぐさめてあげられない
期待はずれの 言葉を言う時に
心の中では ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!