Mjuka

てきとうに。

印象と観念について

f:id:literature073:20181111163458j:image

f:id:literature073:20181111164529j:image

 雑な写真を撮るようになってしまった。

 僕にとって写真を撮る行為は「ハレ」であったのだけれど、最近はそうでもない。「ケ」を切り取るものとしての写真はとても大切だ。そのことは随分まえに気づかされていたのに。

f:id:literature073:20181111164545j:image

f:id:literature073:20181111164647j:image
f:id:literature073:20181111164650j:image