読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mjuka

てきとうに。

印刷をするときに気をつけたこと(気をつけたかったこと)

閉じる側の余白を大きくし、反対側の余白は小さくすること。

この応用として、上の余白よりも下の余白を小さくした方が見た目が良い気がする。

ヘッダーに標題が書いてあるのもかっこいいかもしれませんね。

余白を変更する際は行数などのページ設定の変更に気をつけること。

ページ番号が閉じる側にこないようにすること。

両面印刷をする場合には、章のはじめが見開きで右側にくるようにしたいので、前章が右側のページで終わった場合には改ページで空白のページをつくること。(この際、空白のページにページ番号を印字しなくても良いが、ページ数としては含むこと)

題目の書かれたページ(扉)と目次は片面印刷が良い気がする。なので「序章」や「はじめに」など目次のつぎのページについては、例外として見開きで左側にくるようにすること。

紙がもったいないので仮想プリンタでpdfに出力しながら様子をみること。

恥も外聞もないので、「右(ページ)、左、右……」とつぶやきながら確認するのも良いでしょう。

それでも失敗するので、印刷しながらできたものを確認して、間違いがあれば印刷を止めること。